皆さんはバーチャルオフィスと言ったワードを耳にされた事があるでしょうか?日本語的には仮想事務所となりますが、これは現実にどこかのビルやテナントでオフィスを構えるのではなく、実際に仕事をする為に必要なサービスを受けられる事を言います。例えば会社を設立して事務所を構える場合には登録に必要な情報として住所や電話番号がビジネスには必須になります。そういった事業設立に最低限必要なサービスを月々、僅かな金額で行う事が出来る仕組みをバーチャルオフィスと言います。これは先に述べた、どこかのビルなどを借りて月々の賃貸料を支払うよりも非常に効率的な方法になります。このような手法は新宿などの土地相場が高い地域で、会社を設立したばかりの起業家さんにとっては有り難いシステムになります。

新宿でバーチャルオフィスのメリットは?

ここではいずれバーチャルオフィスをお考えの方にメリット及びデメリットについてお話ししたいと思います。バーチャルオフィスの最大のメリットは安くて手身近に事務所を持つ事が出来る事です。そして住所も新宿などの有名なものを使用出来て顧客からの信頼性アップに繋がります。また起業時に一人のケースでは不在対応が多くなりますが、人に任せる事も可能になります。なおレンタルオフィスとは違い、税務署への開業届の提出は不要です。逆にデメリットについては顧客がバーチャルオフィスと知った時にもしかしたら怪しい架空会社では?との疑念を抱かれる場合があります。ただ、これも住所に基づいて法人登記する事も可能ですし、近年では大手企業も経費削減の一環としてバーチャル化している動きもあり、大きな問題にはならないと思います。

新宿近辺でのバーチャルオフィスの選び方

最近は事務所設立時において、迅速かつ低価格で開所が可能なバーチャルオフィスを使用するケースが急速な勢いで増しています。その為に様々な業者が介入しており、特に新宿などの都心においては飽和状態になっております。利用する側としてはそこの価値を見極める必要があります。サービスプランにレンタルオフィスなどの場所貸しがあるケースは確実に内覧する必要があります。またその際には利用した場合にスペースや会議室などを想定して使い勝手の是非を判断する事も大事になります。なおバーチャルオフィスでも電話応対などのサービス内容を確認出来る事もありますので、その点においても必須になります。また業界参入に関するハードルが比較的、低い事から色んな業種が介入している為、各業種の得手不得手があります。それらについても見極めた上で契約する事をお薦め致します。

当社のHPにて各店舗・スタッフが様々な視点からバーチャルオフィスについてのブログ更新をしております。 ナンバーポータビリティーのサービスも開始致しましたので是非HPをご覧ください。 当社は転送電話の機能をご利用頂くことも可能となっております。 お荷物が届いた際には、お客様へメールでお知らせを致します。 当社は企業や独立をする際に必要となるオフィス形態を提供致します。 バーチャルオフィスを新宿で借りたい方へ