新宿にはバーチャルオフィスがたくさんあります

都庁の移転に伴って、まさに東京都の中心地として発展著しい新宿は、大企業の本社の移転も多くなっています。西口のビジネス街では、大手町や丸の内に負けない程発展しています。そのためレンタルオフィスやバーチャルオフィスといった企業サービスも多くあり、最も人気が高くなっているエリアとなっています。因みに2003年度の繁華街集客人員は、新宿地区で164万人、渋谷地区で130万人、大阪難波心斎橋地区で122万人、名古屋の錦栄地区で120万人と新宿がナンバーワンとなっており、まさに日本で一番盛り上がっているエリアと言えるでしょう。ちなみに東口は日本一の歓楽街である歌舞伎町がある出口となっており、飲食店や娯楽が中心となっていますが、御苑や三丁目駅などは落ち着いたビジネス街となっており、バーチャルオフィスも沢山存在しています。

バーチャルオフィスで人気の新宿の探し方

バーチャルオフィスは、仕事する場所を実際には持たないで住所のみを利用するオフィスとなります。独立や起業をしている場合は、名刺やHPに住所を掲載する必要がありますが、在宅で仕事をしている方は、自宅の住所を掲載することになるため、女性や家族と一緒に住んでいる方は、バーチャルオフィスを利用してプライバシーを守る目的があります。また新宿などの都内の住所を利用することで、先方からの信頼を獲得することができ、会社のブランド力を高めることもできます。引越し等の移転時にもバーチャルオフィスの所在地を登記の住所にしておくことで、面倒な手続きが不要となります。そのため新宿ではバーチャルオフィスが多く存在していますが、金額にバラツキがあります。コストを重視する時は、格安、新宿、バーチャルオフィスなどを検索ワードに入れて、インターネットで探すと効率よく探すことができます。

新宿でバーチャルオフィスを探すメリットとは

実際にオフィスを持つことなく、新宿という一等地でオフィス機能を持つことができるバーチャルオフィスですが、その他にもさまざまなメリットがあります。そしてそのメリットに合わせて、希望しているバーチャルオフィスの探すことで最適なバーチャルオフィスを手に入れることができます。メリットの一つに格段にコストが安いことにあります。一般的にオフィスを構える時は、住所や電話を獲得するだけの初期費用で100万円以上もかかってしまいます。新宿であれば尚更コストはかかります。しかしバーチャルオフィスでは、月額1万円程で獲得することができるだけでなく、実際に事務所を構えるよりも数段早く開業することが可能です。インターネットで新宿のバーチャルオフィスについて簡単に調べることが可能です。金額や掛かる時間など希望する目的に絞ると、より適切なバーチャルオフィス見つけることができます。