新宿にバーチャルオフィスを構えるメリット

バーチャルオフィスとは、起業して事業を始めるときに最低限必要になる住所、電話番号やFAX番号をレンタルすることのできるサービスです。一般的なオフィスと異なり業務を行うスペースはなく、基本的に住所や電話番号をレンタルするだけになります。そして郵送物や電話はオフィスから設定した場所へ転送されるようになります。例えば、新宿のような都心の一等地にオフィスの住所を置くことができれば取引先からの信用度は変わります。さらに通常のオフィスを借りるより遥かに安く保証金や敷金も必要ありません。またバーチャルオフィスの中には専業の業者やレンタルオフィスの業者が兼ねているところ、電話代行や秘書代行のサービスを並行して行っているところもあります。電話代行や秘書代行の場合、大切なお客様とのトラブルにもなりかねませんので、きちんと対応の質を確認してからの利用をおすすめします。

新宿での失敗しないバーチャルオフィスの選び方

バーチャルオフィスとはビジネスに必要となるオフィスサービス、住所、電話番号やFAX番号などを低コストでレンタルすることですので、実質のスペースやそこで過ごす時間もないので、サービスの内容をきちんと確認することなく金額で契約してしまうということがありがちになります。ですから、取り扱っているオフィスサービスの内容を先によく確認する必要があります。内覧することなく契約する方も多く、思っていたものと違うということもあります。よくあるのは法人登記への対応の有無や秘書サービスの質、シェアオフィスが混んでいて使いにくい等々数えればキリがありません。自分のビジネスに必要なサービスがあるか、その質は水準に達しているかなど確認して選ぶとよいでしょう。新宿を含む都心にはこのようなサービスの会社がいくつもありますが、信用問題になりますので、バーチャルだからこそビジネスの水準に達しているかよく確認しましょう。

新宿でのバーチャルオフィスの探し方

新宿や西新宿エリアにオフィスを持つということは、東京の中心にオフィスを構えている一流企業と肩を並べていると言えます。都庁の移転に伴い、まさに東京の中心となって新宿はどんどん発展しています。そのため、バーチャルオフィスやレンタルオフィスを中心としたサービスを提供とする会社も多く存在し、最も人気のエリアと言えるでしょう。新宿西口、東口ともに同じ業態の会社がありますが、西口は特に超高層インテリジェンスビルが立ち並び、外資系のレンタルオフィスが運営しているケースが多く、料金も高めに設定されています。それぞれ会社によって特徴なども変わりますので、ネットの比較ランキングから目星をつけ、サービス内容を確認し、更にできれば内覧を一度行う必要があります。自分が行うビジネスによって使用したいオフィスサービスも変わりますので、その質も十分に確認してから契約しましょう。